12月20日の誕生花:枇杷
フラワーギフトのための365日の誕生花〜 12月20日の誕生花「枇杷(ビワ)」
フラワーワークスMaryPoppins365日の誕生花                                365日のBirthday・Flower    

 12月 20日の誕生花              枇杷(ビワ)

   

英名: Japanese medlar /loquat        別名:ハナビワ

 
枇杷  


花言葉 : 内気


科目:     バラ科

原産国:   中国南西部

開花期:   11月〜2月頃

入手可能時期 : ほぼ周年

長さ :    100cm〜160cm(※切花)

花色 :   白

花持ち:  お花は地味で花を観賞することはありませんが、切花で、5日くらいもちます。一般的に「枝物」として扱います。

誕生石:  シルバー・バロック・パール

星座:   射手座

イメージ:  行動力がある/ 社交家

    

水あげ:   切り口を十字に割る。

 

取り扱いの注意点:

  特にありませんが、この季節は、室内外の急激な温度差で、葉が変色したり、萎れる事がありますのでご注意ください。

ページトップへ

枇杷more


英名のloquatは、ビワの実を指し、原産国の中国の「蘆橘」の発音からつけられたそうです。

日本名の「枇杷」は、楽器の琵琶に由来し、果実の形が、琵琶に似ている事から名づけられたそうです。

果実は初夏にでき、おいしいフルーツとして生のまま、または、缶詰になって食べられますね。また、ホワイトリカーにつけこむと、、おいしい「枇杷酒」ができます。
葉もお茶として使われる他、生薬として煎じたものを使われたり、花も咳止めなどに利用されたりと、花、葉、果実まで、色々な薬用効果があるので、大薬王樹と呼ばれるそうです。

枇杷の花春頃の枇杷の実 初夏の枇杷の実
左端)葉も花も、産毛に覆われ、とても暖かそうなイメージです。 葉裏が白いのもきれいですね。
右端)初夏、おいしそうに熟してきた枇杷の実。
↓Amazon(このお花がキーワードのページへ)
    

鉢植えで育てる場合・・


戸外で、直射日光が当たるような場所で乾燥気味に育てます。

寒さにやや弱いので、冬、霜が降りるような場所では、室内に取り込みます。

成長が早いので、9月頃剪定を行います。

実生もしくは、挿し木で殖やす事ができます。

実ができるまでには、7〜8年かかるそうです。気長に育ててください。



この日生まれの有名人

お誕生日!ユリ・ゲラー/ジョン・スペンサー/キーファー・サザーランド/ ジョージ・ロイ・ヒル/ トミー・シュナイダー 

内田光子  黒沢久雄  尾崎翠  野田秀樹  荻原健児  荻原次晴  桜井幸子  片岡礼子  


ページトップへ 今日は何の日?(過去に起こった今日の出来事)

1952年  日本初のジェットコースターが、宝塚新温泉遊園地(宝塚ファミリーランド)に誕生。

1973年  海底の火山活動によって、島が出現。西ノ島新島と命名される。


記念日
  


  ■霧笛記念日  ■シーラカンスの日  ■道路交通法施行記念日  ■デパート開業の日
  ■鰤の日

↓CM


ページトップへ

ビワとグラジオラスのアレンジMaryPoppinsギフトアドバイス d(^_^o)
 

 この季節に咲く数少ないお花のひとつです。
地味なお花ですが、ほのかに、とても良い香りがします。茶色の毛に覆われた様子は、寒い冬に暖かく過ごすためでしょうか・・・

 お庭などスペースのあるお宅でしたら鉢植えも、いいですね。成長して実が成るまでが楽しみな、面白いプレゼントになるかも・・・(苗からでは、7〜8年かかりますが・・・(^_^.))

 切花の場合は、小さなアレンジには向きませんが、ビロードに覆われたような葉やお花は、この季節のイメージにぴったりです。ボリューム感のあるお花と合わせるとバランスをとりやすいです。


←枇杷とクリスマスブッシュを使ったアレンジ。
ページトップへ
枇杷の花を使った活け込み 枇杷と風船トウワタ 枇杷とオレンジの透かしユリを使ったアレンジ 枇杷とカンガルーポーを使ったアレンジ
ページトップへ↑枇杷の枝を使ったアレンジメント。
枇杷と白いユリの夏のアレンジ 枇杷とアルストロメリアのアレンジ 枇杷とレッドウイローの活け込み
ページトップへ↑枇杷の枝を使った活け込み。
 枇杷の実を使った初夏の活け込み 枇杷の実を使った初夏の活け込み 枇杷の実を使った初夏の活け込み
ページトップへ↑初夏の枇杷の「実」を使った活け込み。
 
MaryPoppinsお花のギフトはこちら・・・フラワーワークスMaryPoppinsへはこちら
 
 
      
    
   ページトップへ
inserted by FC2 system